2020年04月04日

3年間の制作のあとがき

はじめましての方ははじめまして、ご無沙汰の方はお世話になってます。㐧2劇場などで3年間役者と「制作」をしていた橋本と言うものです。
現在は一時的に演劇活動をおやすみしていますが、㐧2劇場には所属していますし、そのうちすぐに復帰するかなぁと思います。
今回は新入生向けに「制作」とはどんなお仕事かを紹介した上で、3年間様々な劇団で制作をしてきて感じたことなんかを書けたらなと思います。写真も無く長々と文章が続きますがご了承ください。

まず、「制作」とは何か。一言でいうと「劇団とお客様を繋ぐお仕事」です。

演劇において作品が完成しても観てもらえお客様無しには成り立ちません。その「お客様」の部分を一手に担うのが制作です。
公演を企画し、作品を宣伝し、当日お客様をもてなす。作品作りからは一番遠いところにいながら、なくてはならない存在です。

私がこの制作を3年間やってきて一番楽しかったことは「様々な人に出会えたこと」でした。
私は元々は自分の大学の演劇サークルに所属していて、そのサークルの引退を期に㐧2劇場にやってきました。この2劇に知り合えたのも、制作でのご縁がきっかけでした。他にも大学、更には学生の垣根も超えて、様々な劇団で沢山の人と知り合えました。また、自分が面白いと思える劇を自身の活動で一人でも多くの人に知ってもらえる、この点も大きな魅力だと思います。

制作の仕事は楽しいことばかりじゃないです。3年間やっていると色々ありました。しかし公演が無事終わり、劇団の方々に「ありがとう」と言ってもらえると、やっぱりこの仕事が好きだなって、またこの仕事をしたいなって思います。

ここまで書いてきて、ありきたりな文章だとも思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
posted by 第2劇場 at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

舞台美術のすすめ

みなさんこんにちは!新3回生になる矢野です。

旅行や買い物がが好きなので、なかなか外に出られなくて悶々としている今日この頃です。


さて!今回はせっかく回ってきたので、特に新入生のみなさん向けに、私の2劇でのスタッフ活動について少し紹介します。


演劇は、役者はもちろんそれを支える裏方があってこそのものです!私は中高6年間演劇部でしたが、中高の部員60名中40名が裏方をしていたほど、実はやることが沢山あるんです。


例えば私の場合、主に舞台美術に関わっています。(2劇は好きなスタッフが選べるので、経験問わず何でも出来ます!音響、照明、衣装などなど

なんと入部してすぐの公演でスタッフのチーフをさせてもらえるので、劇に合わせて自分の好きな舞台を作ることができるんです。


新人公演の舞台美術のラフ画

5AE529B7-2830-453C-B54C-3570D51DE3D8.jpeg

ラフ画が出来たら、材料を選んだり試作したりします。見た目だけで無く、安全かどうか、壊れにくいかもチェックします。

ループの試作

EDF4B60B-5E3E-4167-BCB7-74992B278593.jpeg

そして本番の舞台を作ります!

劇が始まる前の第一印象になるので、舞台美術はとても大事なんです。

4CF29D86-B254-4E4C-84C2-4691709A2C4B.jpeg

↓照明さんの技術でより魅力的になることも!!

B6938096-33E9-4152-825A-5361E7C719B0.jpeg

いかがだったでしょうか。長々と書いてしまいましたが、写真から少しでも舞台美術の魅力が伝わるといいなぁと思います(^^)


ではまたお会いしましょ〜

posted by 第2劇場 at 19:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

新入生歓迎公演「個人^4タクシー」延期のお知らせ


新型コロナウイルスの感染拡大の状況に鑑み、
4月25日(土)、26日(日)に上演予定でした新入生歓迎公演「個人^4タクシー」を、延期致します。

楽しみにされていたお客様には深くお詫び申し上げます。

延期した上演日程につきましては、また決定次第ご連絡致します。
posted by 第2劇場 at 14:00| Comment(0) | 個人^4タクシー | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

ホントは教えたくないくらい好きなバンド、紹介します

こんにちは。本名が忘れられつつあるヨンです。

好きなものとかこれいい!と感じたものとか、もっとたくさんの人に知ってもらいたいしわかってほしいって思っちゃうもんですよね。
でも逆に好きすぎて誰にも教えたくない、なんて思ったことないですか?
私がそれほど好きになってしまったバンド、今日特別紹介します。

Easylife.jpgEasylife.jpg

バンドの名前、Easy Lifeです。マイナーな感じの曲が多くて、人によっては好き嫌い分かれるってやつかも知れませんね。
でもこれならさすがに嫌とか言えない、と個人的に思うのは「Dead Celebrities」。一番おすすめです。この曲が気に入った方なら同じアルバム収録曲の「LS6」「Spiders」、他には「Houseplants」「Wet Weekend」「Basic」「Temporary Love」とかも。

ちょうど外は雨も降ってますね、家でEasy Lifeの曲流しといてくつろいでるに最適の時間です。
投降後のやること、ただいま決まりましたね。
posted by 第2劇場 at 22:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

おすすめの本♪

こんにちは。小菅です。
2020-03-24-13-51-22-719.jpg
外出しにくい状況が続いている今日この頃ですが、家で本を読んで過ごしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
我が家にいつのまにかあった恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」。
この機会に、と読みました。

それそれに複雑な事情を抱えるピアニストたちが国際的なピアノコンクールで競い合い、
音楽や自分自身と向かい合っていく物語です。
物語の中で様々なクラシック音楽が出てきます!
ピアノを弾く様子が描写されているのですが、それを読んで実際に弾いている様子が浮かんできて
私もピアノを弾きたくなりました(#^^#)

まだの方はぜひ読んでみてください。

ちなみに
この本を誰が買ってきたか?もしくは借りてきたか?
が我が家で物議を醸しております。
母親に聞いても「あかり(筆者)じゃないのー?」
父親に聞いても「え、俺は知らんぞー。」
妹に聞いても「お姉ちゃんでしょー?」
いや、私じゃないです。どこにもハンコないから図書館のものでもないし。

え?え?誰が持って帰って来たん???
ホラーですね。
posted by 第2劇場 at 14:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

【2劇ラジオ】第7回「第二章」

『フライングチェック』を終えて『個人⁴タクシー』の準備を進める第2劇場。司会の大川諒平が中村斗輝、藤原妃奈子、東出彩音に『フライングチェック』の感想などを聞きます。

再生はこちら↓

https://anchor.fm/dai2gekijo/episodes/7-ebnbdt

※4月25~26日に予定されていた『個人⁴タクシー』は延期になりました。

Apple Podcastsで聴く
Google Podcastsで聴く
Spotifyで聴く





過去の配信はこちら。

第1回


第2回


第3回


第4回


第5回


第6回
posted by 第2劇場 at 18:42| Comment(0) | 2劇ラジオ | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

フライングチェック

flyingcheck_omote2048.jpgflyingcheck_ura2048.jpg

『フライングチェック』
作:四夜原茂
演出:阿部茂

【日時】
2020年
2月28日(金)19:30
2月29日(土)13:00/17:00
3月1日(日)11:00/15:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

【会場】
in→dependent theatre 1st
大阪府大阪市浪速区日本橋3丁目3-19


【料金】
一般前売:2500円、学生前売:1800円
※当日券は+500円
※小学生以下は無料

【チケット予約】

https://ticket.corich.jp/apply/104987/



【PV映像】


続きを読む
posted by 第2劇場 at 23:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

【2劇ラジオ】第6回「『フライングチェック』特集」

今回の配信は次回公演『フライングチェック』の特集です。出演する伊藤晃、岸本愉香、長野あみの座談会と、岡崎由起子による阿部茂のインタビューをお送りします。



Apple Podcastsで聴く
Google Podcastsで聴く
Spotifyで聴く

『フライングチェック』の詳細はこちら。
http://dai2gekijo.net/flyingcheck.html
posted by 第2劇場 at 12:35| Comment(0) | 2劇ラジオ | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

【客演情報】刊行記念イベント『翻訳文学紀行』

島田淳子氏主催の『翻訳文学紀行』刊行記念イベントに劇団員の伊藤晃と岸本愉香が朗読で参加します。神戸市灘区は王子公園の古本屋ワールドエンズ・ガーデンにて。

刊行記念イベント『翻訳文学紀行』@古本屋ワールドエンズ・ガーデン(神戸)

 9月の大阪文学フリマにて創刊号を発行した翻訳文学アンソロジー『翻訳文学紀行』の刊行記念イベントです。

 本イベントでは、『翻訳文学紀行』創刊号に寄せられた5つの作品それぞれに関して、翻訳者自らによる解説が施されます。また、各プログラム中には、プロの役者による作品の朗読もお楽しみいただけます(文芸書の翻訳である『抵抗と希望の音楽テレジーン 一九四一-一九四五』を除く)。

 日本とは異なる言語や文化の中で育まれた異国の物語。それが湛えるエキゾチックな雰囲気は、それだけでも十分に魅力的なものです。しかし、その背後には、日本語の世界を生きる我々が見たこともないような味わい深い世界が広がっています。『翻訳文学紀行』の翻訳者を案内人に、作品の向こう側にある異国の世界へと、一緒に旅に出かけませんか?
(主催 島田淳子より)

◆プログラム
13:00-13:15 『翻訳文学紀行』編集長 ご挨拶 島田 淳子
13:15-14:15 『亡き王女のパヴァーヌ』 解説:島田 淳子/朗読:岸本 愉香
14:30-15:30 『抵抗と希望の音楽テレジーン 一九四一-一九四五』 解説:家田 恭(文芸書のため、朗読はございません)
15:45-16:45 『生の悲哀』 解説:影元 剛/朗読:姜 龍一 (韓国からスカイプ中継)
17:00-18:00 『ウサギの年』 解説:中井 杏奈・鈴木 雪/朗読:川島 むー (ポーランドからビデオメッセージ)
18:15-19:15 『エスファハーンのハージーバーバーの冒険』 解説:木下 実紀/朗読:伊藤 晃 (イランからスカイプ中継)

◆チケット
1回券:800円(学生:400円)
フリーパス:2000円(学生:1000円)
*未就学児のご参加はご遠慮ください。

◆予約方法
ご予約はメールかTELにてお承りいたします。必ずどちかかの方法でお申込みください。
TEL : 078(779)9389
MAIL : info@worldendsgarden.com
*メールでお申し込みの際は、件名を「刊行記念イベント『翻訳文学紀行』」とし、必ず名前・電話番号・参加人数を明記ください。また、お申込みの際に、以下からチケットの種類をご指定ください。
①一日通し
②『亡き王女のパヴァーヌ』
③『抵抗と希望の音楽テレジーン 一九四一-一九四五』
④『生の悲哀』
⑤『ウサギの年』
⑥『エスファハーンのハージーバーバーの冒険』
posted by 第2劇場 at 12:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

新人8ミリ公演『映画の国のジェーン』

cinema2geki1.jpg

新人8ミリ公演
『映画の国のジェーン』
作・演出:音間哲

【日時】
2019年
12月7日(土)14:00/18:00
12月8日(日)11:00/15:00
受付開始・開場は開演の30分前

【料金】
一般前売:700円、学生前売:500円
一般当日:900円、学生当日:700円

【会場】
大阪大学豊中キャンパス21世紀懐徳堂スタジオ
〒560-0043大阪府豊中市待兼山町1-13


【チケット予約】
http://bit.ly/cinema2geki

【あらすじ】
エンドロールにぎりぎり名前が載らないような端役が集まる映画の国。そこでは年に一度、ある会議が開かれる決まりがありました。偶然にもその会議に参加した記憶喪失の女。様々なジャンルの映画出身の参加者とともに、果たして彼女はの記憶を取り戻すことができるのでしょうか?

【キャスト】
女(ジェーン):矢野ともみ
解説:橋本舜祐
学園:東出彩音
アクション:ヨン
ホラー:小菅あかり
コメディ:岸川丈流

【スタッフ】
作・演出:音間哲
舞台監督:中村斗輝
舞台美術:矢野ともみ
音響:小菅あかり
照明:ヨン
衣装:小菅あかり
小道具:岸川丈流
制作:橋本舜祐
宣伝美術:東出彩音
posted by 第2劇場 at 23:59| Comment(0) | 映画の国のジェーン | 更新情報をチェックする