2013年11月06日

こんな奴らばっかか!



他劇団の人が私の(書いた)ブログを読んでいると聞いて嬉しいやら恥ずかしいやら.
どうも,丹野です.「(書いた)」が消える日を密かに待ち続けています.

今回はとっても摩訶不思議な写真が撮れました.
いや,ネタバレにならないように稽古中の写真を撮るのってけっこう難しいんですよ.その結果こんなのが撮れる訳ですね.
第2劇場にはヘンタイ…ごほん,ちょっと嗜好が一般的なものより偏っている方が多くてですね.やりすぎると制裁が加えられるのですよ.上の写真はちょうど誰かが制止に入ったところのようですね.九死に一生を得たカナモト氏.ちょっと腰を痛めたとか実はそんなに痛くないとか(適当)

まぁそもそも演劇ってアングラなイメージがありますからね.変態が多くても仕方ないですよ.
役者って観客が多いと喜ぶんですよ? 観られて嬉しいんですよ? たくさんの人に観られたら幸せを感じちゃうんですよ?
「みられて喜ぶ」なんて凄い変態っぽいじゃないですか.私もお客さんが多いと喜びますけどね!
(とても個人的な意見です)

これ以上言うと次回の稽古の時イジメられる可能性があるのでこのへんで止めておきましょう.あ,ちなみに演出家は「みせて喜ぶ」タイプだと思います.



posted by 第2劇場 at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | トレイントレディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
謝罪と賠償を要求する!
Posted by 音間晢(演出家) at 2013年11月06日 07:25
演劇にはアングラなイメージがあるなどと表現してしまい、まことに申し訳ありません。第2劇場をはじめ、多くの劇団の方にお詫び申し上げます。

でも、見られないと寂しいデスヨネ?
Posted by 丹野真人 at 2013年11月06日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック