2014年02月15日

役者リレー⑥小川ぴゅあ

はじめまして、新人の小川ぴゅあです。本名です。
出身の東大阪市は町工場が散見される中小企業街で、基本的に金属臭いです。彼らの繊細な技術は人工衛星「まいど一号」で証明されたとおり世界一で、東大阪の人間は揃って頑固で融通の利かない職人気質であると言っても過言ではありません。古墳時代の銅鐸を見事に再現した銅鋳造会社の社長が言ったことには「昔の人は納期なんかなかったからええやろけどな」です。
出身の有名人といえば1に●んく♂2につ●く♂、3,4がつん●♂で5もつんく●といった感じです。彼は東大阪のイメージソングも作詞だか作曲だか作詞作曲だかしています。時々ツイッターで大阪弁講座なるものをしているようですが、彼の母語は「生駒山に登る東大阪のオバハン弁」です。
そんな東大阪のメインカルチャーといえばラグビー!燃えよ闘魂ラガーマン!!
ラグビー界の甲子園である花園ラグビー場があるのです。猫も杓子もラグビーです。市長選の投票理由第二位は「ラグビーに関する公約」。そういえば父もラガーマンでした。
東大阪市のゆるキャラももちろんラガーマンで、トライくんというのですが、ゆるキャラとかいう概念が生まれる以前からずっと居るので、あまりゆるくありません。普通のラグビー少年です。ゆるキャラブームに乗ろうとして色々イベントに参加しているようですが、乗りきれていない感があります。冬になると市役所の前にトライくんのイルミネーションという名の税が光り輝くのですが、わりとやめてほしいです。
次の役者リレーはsputnik.の主宰でもある川上さんです。めっちゃラグビーできそう。

image-ad095.jpg
posted by 第2劇場 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 萱場ロケッツ! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック