2014年02月24日

ミライカコ

090825_1529~0001.jpg未来は果てしない。
先は読めない。
確かな手応えなんか、この手の中にはちっともない。
だけど、可能性はある。と言うか、可能性しか、残されていないのだ。
可能性。
あり得たかもしれない世界。
あり得るかもしれない世界。
希望、期待、夢、願望、後悔、懺悔、悔恨、雪辱、柵、…。
いろんな思いが、可能性の渦の中には散らばっている。
未来は自由に作っていけるらしい。
ならば、過去だって自由に作っていいはずだ。
どちらも可能性の渦の中にあるのだから。
そして、自ら作った過去と未来を信じたらいい。
信じるしか道は残されていないのだ。
posted by 第2劇場 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 萱場ロケッツ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック