2014年03月03日

カヤバロケッツ!

070807_0525~0001.jpg僕は埋めた。
地下深くに埋めた。
そして蓋をした。
分厚いコンクリートで、何度も、厳重に、細心の注意を払って、それが二度とわたしの前に現れないように。すっかり忘れられるように。
そして、僕はいまここにいる。埋めたおかげでここにいることができる。たくさんの人々に囲まれ、愛されている。
だがしかし。
いらなかったはずのものを埋めたのに。
頭の中から「埋めた記憶」が消えないのだ。一緒にどこかに消え失せて欲しかったのに。
弱ると不意に「記憶」に襲われる。覚えてないことまで思い出す。
そして、また「今日」が来る。相変わらずの「わたし」がいる。いつも通りの「ここ」にいる。
結局、完全に埋めてしまっても、わたしからは、どこにも逃げられないのだ。
だから、僕は旅立つことにした。誰も、わたしさえも知らないところへ。
いろいろなことをキャンセルして、新しい自分をつくろう。
今週末、ロケットに乗るつもりだ。
posted by 第2劇場 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 萱場ロケッツ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック