2014年03月04日

【公演直前 -2-】あなたが『萱場ロケッツ!』を{忘れずに}目劇(モクゲキ)すべき10の理由

こんばんは。今夜も原田です。
先ほど、小屋入り前最後の稽古を終えました。阿部茂の演出、冴え渡っておりました。
明日はトラックに、持ってく荷物を積み込みます!と、ここで作品の魅力をおさらい?してみます!(というか、ほとんど初公開のコトかもしれませんが……)題して・・・
あなたが『萱場ロケッツ!』を{忘れずに}目劇(モクゲキ)すべき10の理由!

IMG_4161.jpg


#1 四夜原茂の新怪作!!!
ますます調子に乗る'10年代の2劇座付作家。ワンシチュエーションなのにどこかへ疾走&失踪してしまう物語に、あなたはついて来られるか。

#2 主人公そのものを体感できる観劇体験。
物語の視点は、「忘れることの得意な」主人公。お客様にはそれを体感できる演出になっています。本当に芝居になるのでしょうか。

#3 チャーミングな客演、巽由美子(sputnik.)に、酔う。
「知れば知るほど奥の深さを感じる」「身のこなしが軽やかで猫のようだ」「猫が好きらしい」「前世は猫らしい」「ラヴ!」などと、稽古場では囁かれたり叫ばれたり。

#4 NYから一時帰国した伊藤晃のダンス!
ものすごく久しぶりに登場します、伊藤晃。ニュヨークでダンス留学中の彼が、この公演のために一時帰国。本場仕込みの身体の躍動をぜひ最前列で。

#5 「記憶と忘却」の奥深さを知ることができる。
主人公にまとわりつく「記憶と忘却」。彼の感じる「障害」は、決して人ごとではないのです。

IMG_4163.jpg


#6 「大事な何かを忘れてる」ピンチはチャンス!
例えばあなたは3年前の今のことを憶えていますか?それは完璧に正確な記憶ですか?どこかで誰かと捏造していませんか?

#7 この世で一番危険な仕事の実体を垣間見る。
危険だと言われても、行かなくちゃいけないときもあるし、行っちゃうときもあるし、危険だってことを忘れちゃうことも、ありますよね。

#8 引っ越すあなたに:捨てることの大切さが解る。
舞台上は、どうも引っ越しの現場のよう。大切なのは、持って行くことではなく、いらないものを捨てること。この春引っ越す、あなたに捧げます。

#9 「カヤバロケット」を街で見る度、大事なことが思い出せる。
そもそもタイトルの「カヤバロケット」って何なのか? 案外、今日も目にしているかもしれません。

#10 こんな話なのに、主人公はノンフィクション!
主人公は、本人そのものなのかもしれません。ツイッターやブログには、もう主人公が登場して状況や備忘録を綴っています。


どうでしょう。どうなんでしょう。『萱場ロケッツ!』、自信を持ってお送りします!
ご予約、お問い合わせはこちらから!
予約フォーム
○メール dai2gekijo@hotmail.co.jp
○お電話 080-3864-7467
posted by 第2劇場 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 萱場ロケッツ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック