2014年03月10日

日記

070414_2102~0001.jpgたどり着いたのは、懐かしい山並みが見える、小さな街だった。
その山並みからは、かつてあった巨大なシンボルだけが失われていた。しかし、違いと言えばそれだけだった。有名な滝があり、柑橘類が名産なことも同じだった。
そこでは黄色いケーキが流行っていた。上質で健全なそのケーキには、食べた人にしかわからない幸福が詰まっている、と皆が話していた。
日常の中にメカとロボットが入り込んでいて、至るところが理想的に機械化されていた。煩わしい作業に個人が悩む必要は、もはやなくなっていた。
それと、街の地下深くには巨大な施設があり、今までのこの街での出来事を全て仕舞いこんでいるらしい。
今日から、僕は日記をつけることにした。
忘れてもいいように。覚えていなくてもいいように。思い出せるように。
そして、アキラさんは、今日旅立った。
次に会うときの約束を日記に書いておこう。
posted by 第2劇場 at 18:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 萱場ロケッツ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなメカ・ロボ親子いたんですねー。公演、お疲れさまでした。
Posted by 青山 誠司 at 2014年03月10日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック