2016年04月02日

かさ家の現場から・個人情報保護法は守ろう

image1.JPG
大阪大学にある演劇集団としてはチキンラーメン的存在を目指してます。
歴史があるくせに立場が微妙、いつかは定番と呼ばれたい第2劇場でございます。
書き手は音間哲です。

稽古終わりの飲み会は、物凄く大切な話と心の底からどうでもいい話が全く等価値です。
たまにどっちでもない、極めてプライベートな話が披露されることもあります。

今日はある劇団員の恋愛事情が、赤裸々に語られました。
(大切な注:話せと強制はしておりません。尋ねはしましたが)

普通、恋愛話にありがちなリアクションとしては

・このリア充が! もういいよ!
・そうか…辛かったんだな。もういいよ…。
・もうそんな奴やめとけよ! もういいよ!

などが考えられますが、今回、聞き手の劇団員がとった行動は

・「ええ〜!」と驚愕し、頭を抱え、「も、もういいよ」と呻く。

でした。

なにしろ内容が、プライベートにもほどがあるので詳しくは書きませんが
彼は随分と厄介な青春の嵐の中を泳いでいるようです。
(必要な注:くどいようですが、話せと強制しておりません)

…穏やかな浅瀬で溺れるのは、自業自得じゃない?という意見もありますが。
(重要な注:そもそも、この話を始めたのは彼自身なんです。本当です)

今日のサービス品、鰤腹身の塩焼き。もうこれだけで大満足なんですけど。どうしよう。
posted by 第2劇場 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 黄昏サンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック