2016年04月28日

舞台を造る

DSC_0610.JPG
こんにちは、舞台美術の新居です。
黄昏サンドの仕込みは進みます。

この芝居、私が大学一年生の時の新歓公演の演目でした。
それまで高校演劇の一端しか知らなかった私は、それでも舞台美術がやりたくて、恐る恐る劇場に足を運びました。

舞台を見た最初の感想は「狭っ!」。
これまで見知った環境とは全然違い、でもその薄暗く密度の高い空気が、これから始まる芝居への期待感を高めていきました。
芝居が始まると役者と共に舞台も様々に様子を変え、その自由さと本気さにときめいたことを今でも覚えています。

入団10年目でこの思い出深い芝居で舞台美術を出来たことを、本当に嬉しく思っています。

黄昏サンドはいよいよ明日から。
舞台に立ちたい人も、
舞台を造りたい人も。
劇場でお待ちしてます。
posted by 第2劇場 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 黄昏サンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック