2019年11月23日

2劇に入って半年くらい経って思うこと④

こんにちはー!

新人公演でホラーを演じます、小菅です。
楽しい小道具が使えてワクワクしているところです。

いよいよ寒くなってきましたね…。11月があっという間すぎて秋を満喫しきれていないうちに冬が来てしまいそうです💦

さて、本題の「2劇に入って半年くらい経って思うこと」に参ります。

2劇に入って半年しか経ってないの?とびっくりするくらい、この半年間は充実していました。
春からをふりかえってみます。

2劇の方とエチュードをして「また演劇がしたい!」と強く思った4月の新歓稽古。3年ぶりに役者ができ、「舞台ってやっぱり楽しいなぁ」と思ったフレッシュ公演。夏には9月公演への準備をしつつ夏のイベントも満喫。淀川花火大会で花火の大きさに圧倒されたり、夏合宿では海がきれいな手羽島で「なつやすみ」な2日間を過ごしました。不器用な私が衣装を担当してしまったものの、なんとか衣装を完成させて達成感を味わえた9月公演。この公演では60分間ステキな回転式大道具の上で演技ができ、貴重な体験になりました。9月、10月は色んな劇場に足を運び、2カ月で9個も舞台をみました。(少ないと感じる方もいらっしゃると思うのですが、私としてはビックリな多さです。)

そして今、新人公演にむけて走っています。

演劇は他人とコミュニケーションをとらなければできないもので、そうやって人とつながって一緒に何かができる時間はかけがえのないものだと思います。これからも2劇で色んな人とかかわっていけたら嬉しいです。

ではでは!
皆さんぜひ「映画の国のジェーン」を観にいらしてください!!
お待ちしております☆
posted by 第2劇場 at 09:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください