2019年12月11日

【客演情報】刊行記念イベント『翻訳文学紀行』

島田淳子氏主催の『翻訳文学紀行』刊行記念イベントに劇団員の伊藤晃と岸本愉香が朗読で参加します。神戸市灘区は王子公園の古本屋ワールドエンズ・ガーデンにて。

刊行記念イベント『翻訳文学紀行』@古本屋ワールドエンズ・ガーデン(神戸)

 9月の大阪文学フリマにて創刊号を発行した翻訳文学アンソロジー『翻訳文学紀行』の刊行記念イベントです。

 本イベントでは、『翻訳文学紀行』創刊号に寄せられた5つの作品それぞれに関して、翻訳者自らによる解説が施されます。また、各プログラム中には、プロの役者による作品の朗読もお楽しみいただけます(文芸書の翻訳である『抵抗と希望の音楽テレジーン 一九四一-一九四五』を除く)。

 日本とは異なる言語や文化の中で育まれた異国の物語。それが湛えるエキゾチックな雰囲気は、それだけでも十分に魅力的なものです。しかし、その背後には、日本語の世界を生きる我々が見たこともないような味わい深い世界が広がっています。『翻訳文学紀行』の翻訳者を案内人に、作品の向こう側にある異国の世界へと、一緒に旅に出かけませんか?
(主催 島田淳子より)

◆プログラム
13:00-13:15 『翻訳文学紀行』編集長 ご挨拶 島田 淳子
13:15-14:15 『亡き王女のパヴァーヌ』 解説:島田 淳子/朗読:岸本 愉香
14:30-15:30 『抵抗と希望の音楽テレジーン 一九四一-一九四五』 解説:家田 恭(文芸書のため、朗読はございません)
15:45-16:45 『生の悲哀』 解説:影元 剛/朗読:姜 龍一 (韓国からスカイプ中継)
17:00-18:00 『ウサギの年』 解説:中井 杏奈・鈴木 雪/朗読:川島 むー (ポーランドからビデオメッセージ)
18:15-19:15 『エスファハーンのハージーバーバーの冒険』 解説:木下 実紀/朗読:伊藤 晃 (イランからスカイプ中継)

◆チケット
1回券:800円(学生:400円)
フリーパス:2000円(学生:1000円)
*未就学児のご参加はご遠慮ください。

◆予約方法
ご予約はメールかTELにてお承りいたします。必ずどちかかの方法でお申込みください。
TEL : 078(779)9389
MAIL : info@worldendsgarden.com
*メールでお申し込みの際は、件名を「刊行記念イベント『翻訳文学紀行』」とし、必ず名前・電話番号・参加人数を明記ください。また、お申込みの際に、以下からチケットの種類をご指定ください。
①一日通し
②『亡き王女のパヴァーヌ』
③『抵抗と希望の音楽テレジーン 一九四一-一九四五』
④『生の悲哀』
⑤『ウサギの年』
⑥『エスファハーンのハージーバーバーの冒険』
posted by 第2劇場 at 12:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください