2008年02月26日

1993年

この年にも東京で公演を行いました。
こまばアゴラ劇場での第5回大世紀末演劇展参加公演、
「小早内俊頼37才のひそかな苦しみ」です。
現在はお茶祭り企画で活躍する川島むーが、本番直前に飛び降り(約2メートル)の練習をして失敗。
足首捻挫で開場・開演を遅らせました。
すばやく川島以外を全員楽屋に退去させ、動揺する彼女を落ち着かせ、
段取りの変更を決めていった時の阿部茂は、それはそれは座長らしかったのでございました。
posted by 第2劇場 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2劇場の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック