2008年02月27日

1994年

この年は1年間で1本しか公演を打っていません。
ウイングフィールドで行われた「フーテンの灯」です。
小早内シリーズ3部作+番外編のHOTSPOTなど、計6本の本公演を1年半で駆け抜け、疲れ果てた結果です。
しかし、この芝居で2劇の名物キャラクター、フーとテンが誕生しました。
大地震が起き、登場人物が地下鉄の駅に閉じ込められる話。
その翌年の1995年、阪神大震災があり、とても驚きました。


posted by 第2劇場 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2劇場の歴史 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。