2008年03月02日

1998年

この年に上演された、三人娘(佐々木寛子、牧野美恵、栗園香)による、
「三にんサーカス」は音間哲が脚本と演出を担当していました。
しかし、このころ音間哲は塾講師をしていて、かなり多忙だったとか。

ウイングフィールドで上演された「カエルノモリ」では、第2劇場の伝統芸の一つ、
可動式の舞台が作られました。
ラストシーン、一瞬にして舞台に現れる一面の草原は圧巻でした。
posted by 第2劇場 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2劇場の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック