2008年03月10日

2005年

この年、ウイングフィールドで上演された四夜原茂の作品「アベレージマン」は
当時、問題になった「オレオレ詐欺」をテーマにした社会風刺芝居。
学生服の役者がたくさん登場しました。47歳の阿部茂も学生服でした。

音間哲の作品「テトラ×テトラ」は、うっかり102回記念公演でした。
100回記念をやろうと、公演回数を数えてみると102回でした。
またこの芝居には2劇に珍しいラブシーンがありました。
ラブシーンを演じたのは私、伊藤晃です。忘れられない芝居です。
また、「テトラ×テトラ」のチラシは3種類あり、
各劇場に配られるチラシがだんだん変化するという一風変わった宣伝をしていました。
大阪大学に設置した立て看板も3種類作り、パラパラ漫画風にしました。
posted by 第2劇場 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2劇場の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック