2008年03月12日

2007年

この年の新入生歓迎公演「黄昏ボンド」は、実は1999年の「トリシンド」の再演。
なぜか阿部茂が「タイトルを変えよう」と言ったのでみんなで考えることに。
「インパクトのあるタイトルを」ということで、伊藤晃が提案した
「蒸☆プンテひょ〜ん」
それはあんまりだ、ということで「黄昏ひょ〜ん」から「黄昏ボン」
を経て「黄昏ボンド」にたどりついたのでした。
ちなみに「トリシンド」も「インパクトのあるタイトルを」と、
二つの言葉をつなげてインパクトのある言葉をつくろう、というところから、
「にわとりシンドバッド」それを短くして「トリシンド」になったのでした。

ついに30周年記念公演「麦藁バンド」もタイトルと内容は関係ありません。
「台本がなくて芝居ができない」という内容の芝居でした。
芝居の最後に「30年間応援いただきありがとうございます」という意味を込めて、
お客様全員に大福を配りました。
posted by 第2劇場 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 第2劇場の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私、桂もタイトル案をいろいろ出しました。
たしか「ドンバダンバ」というのを考えて、
かなり良い線までいったのに気がつけば消えていました…。
Posted by 桂久美子 at 2008年03月12日 14:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック