2020年03月01日

フライングチェック

flyingcheck_omote2048.jpgflyingcheck_ura2048.jpg

『フライングチェック』
作:四夜原茂
演出:阿部茂

【日時】
2020年
2月28日(金)19:30
2月29日(土)13:00/17:00
3月1日(日)11:00/15:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

【会場】
in→dependent theatre 1st
大阪府大阪市浪速区日本橋3丁目3-19


【料金】
一般前売:2500円、学生前売:1800円
※当日券は+500円
※小学生以下は無料

【チケット予約】

https://ticket.corich.jp/apply/104987/



【PV映像】


【ポッドキャスト配信】
2劇ラジオ第6回『フライングチェック』特集
http://dai2gekijo.seesaa.net/article/radio6.html

【あらすじ】
わたしの勤めているドラッグストア
そこに妊娠検査薬を買いに来た男がいた。
それも箱買いである。
少し変だと思ったが一応使い方の説明はしておいた。
仕事だからだ。

それから毎日やってくるようになった。
そして毎日同じものを買っていく。
どう考えても正しい使い方をしてはいないだろう。

ボスは
お客様のプライベートに立ち入るな、売れるだけ売れ
と言った。
仕方ないから従ってるが、いつか事件が起こると思う。

バイトの花子が見かねて何に使ってるのか聞いたらしいが、
「ちゃんと検査してます。1時間おきに」
と言ったとか。

いったい何を検査してるんだろう。

【見どころ】
今回の作品の最大の見どころは主宰である四夜原茂による完全新作であることです。
四夜原が新作を書くのは旧in→dependent theatre 1stで2014年に上演された『萱場ロケッツ!』以来約6年ぶり。
その間、2劇には多くの新しい風が吹き込みました。今年度入った6人を含め、21人の大学生が所属していますが、彼らは『萱場ロケッツ!』の頃にはまだ入部していませんでした。
しかしながら彼らも年々2劇としての公演自体を増やし学内だけに留まらず外の劇場で、外の劇団で、はたまた映画に出演し、多数の公演に関わり、学生なりに豊富な経験を積んできました。

そんな若さ溢れるフレッシュなメンツを迎え撃つのは四夜原を始め42年の歴史を支えてきた社会人の面々です。普段から学生とともに活動しているメンバーはもちろん、今回の公演決定を聞きつけ東京から、京都から、他劇団から、かつての2劇を支えてきたオールスターが集結しました。

「普通の役者がほとんど出てこない」と評される個性豊かな2劇の歴代のオールスターを相手に、若者たちがどう暴れまわるのか、そしてなにより、個性豊かな役者陣を集め、四夜原はどんな作品を生み出すのか?ご期待ください!

【キャスト】
小菅あかり
矢野ともみ
後藤みゆ
森菜々穂
早川夢
千田拓実
長野あみ
岸本愉香
岡崎由起子
桂久美子
川上立(sputnik.)
伊藤晃
平野洋平
阿部茂

【スタッフ】
舞台監督:林直樹
舞台美術:新居直人
照明:辻󠄀麻理奈藤原妃奈子
音響:東出彩音
小道具:中村斗輝ヨン
衣装:森菜々穂
宣伝美術:伊藤晃、大川諒平
演出補:音間哲
制作:橋本舜祐、千田拓実、北本貴子
posted by 第2劇場 at 23:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください