2018年03月04日

『ドンゴラス〜広志、生きてるか?〜』

㐧2劇場3月ひなまつり公演
『ドンゴラス〜広志、生きてるか?〜』
作:四夜原茂/演出:阿部茂

ドンゴラス表ドンゴラス裏

日時
3月3日(土)15:00/19:00
3月4日(日)11:00/15:00
※受付開始・開場は開演の30分前

場所
フジハラビル
大阪府大阪市北区天神橋1-10-4



料金
前売:1500円/当日:1800円/高校生以下:1000円/小学生以下無料

チケット予約
https://ticket.corich.jp/apply/89014/

あらすじ
広志は行方不明になった。
ある日、忽然と姿を消し、携帯にも反応はなくなった。
ただ、そのガラケーがそのあと3年くらい存在していたことはわかった。
会いたいわけじゃないが、今どうしているのか知りたい。
探偵ナイトスクープにお願いしようかとも考えたが、説明するのがウザい。
それで仕方なくお芝居にして、彼が今どうしているのか探ることにしたのです。

キャスト
大川諒平
千田拓実
谷口沙希
宮前旅宇
桂久美子
平野洋平

川田恵三(sputnik.)
巽由美子(sputnik.)
川上立(sputnik.)

阿部茂

スタッフ
舞台監督:平野洋平
舞台美術:新居直人
照明:辻麻理奈
音響:寺井晴香
衣装:住野亜梨紗
小道具:千田拓実
宣伝美術:大川諒平
制作:㐧2劇場

お問い合わせ
㐧2劇場制作部
電話:090-3429-3212
メール:dai2gekijo@dai2gekijo.net
posted by 第2劇場 at 23:59| Comment(0) | ドンゴラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

【ドンゴラス】座長の阿部茂に聞く「何かがすれ違ってるインタビュー」

再演だったはずだった。みんなそう思いながら稽古もしてた。だけど気づけばそうじゃなくなってるみたい。どういうことなんだ。座長の阿部茂に、聞いてみた。

インタビュアーは音間哲です。

<誰がそれを望んだか?>

― 話に入る前にちょっとあらすじを。

阿部 お。どうぞ。

― 葬式をひかえた家庭が舞台。親戚はにぎにぎしく集まって今にも始まりそうだけど、なにかが変。遺影もなけりゃ、喪主も居ない。親戚たちはみんなどこか他人事だし、それどころか肝心の仏様は行方不明。戸惑いながらも式を行おうとする葬儀社社員と一部の親戚であったが、亡くなったオッサンの子供たちは、そっちのけで友だちと何かを探してる。え? 地底人を探してる? やってることが意味不明な子供たちだけど、どうやら大人たちも、葬式より気になることがあるらしい。それは以前、この家庭で起こった長男失踪。みんなそれぞれ、その件について知ってることがあるらしいんだけど、なんだか全部がすれ違ってて……ふぅ。

阿部 おお。ご苦労さん。

― ということで、真相がわからない話。なんでこんなことに?

阿部 なんでって……(台本の)四夜原(茂)が望んだから、だろうな。

続きを読む
posted by 第2劇場 at 00:46| Comment(0) | ドンゴラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

ほうれん草。

バトンが回ってきました、千田です。
今日も稽古でした。毎日楽しい。
僕は1回生で、演劇自体を大学から始めたので、まだまだ色んなことを学びながらの稽古です。めちゃくちゃ燃えます。

ふと思い出してみることがあります。なんで演劇始めたんだっけ?
元々観劇することが好きで、いつの間にか舞台に立つ側に来てしまっていた。
どうしてだろう?
そもそもなんで演劇に興味持ったんだろう?

それは多分、「非日常性に潜む日常性」なんだろうなぁ。

どういう意味なんだろう。自分で言っててよく分かんない。
とにかく、その人が見せる、瞬間の微笑みや切ない表情が、その瞬間が好きなんです。その瞬間にその人の心の中が垣間見える気がして。その人の気持ちを共有できる気がして。

自分もそんな役者になりたいな。そんな風に、何度も原点回帰。

今回は、どうだろう。皆さんと僕の役を共有したい。できるかな。頑張ります。

image-d652c.jpeg

どん。学生の楽しげな写真。
楽しそうでしょ。

あと2週間足らずです。最後までテンションアゲアゲ〜!!
(千田)
posted by 第2劇場 at 22:29| Comment(0) | ドンゴラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気が付いたら二月も後半らしい

一体何に驚いているのでしょうか。
045.JPG

こんばんは。大川です。ニゲキ一年生です。
写真などは上がっているみたいですが、自分でブログを書くのは初めてです。よろしくどうぞ。

実はもう本番まで2週間もないんです。みんなでびっくりしてました。
まだお芝居を始めて一年も経っていませんが、稽古をしていると時間が長いのか短いのかよく分からなくなってきます。今日の稽古は何時間、長いのか短いのか。本番まであと何日、短いのか長いのか。そもそもこの一年足らずという演劇の場で過ごしてきた時間すら長いのか短いのか分からなくなってきました。いやこれは短いか。

この㐧2劇場という劇団の舞台に出るのは今回で3度目ですが、大概よく分からないことをやっている気がします。なぜ大学生が風呂に住んでいるのか。なぜ妖怪とお化けがテレビ番組をやっているのか。最後まで観ても分からないことがいっぱいだと思いますし、やってる側も全てを完璧に理解して演じることは出来ないんじゃないかという気すらします。でもその「よく分からなさ」に何か魅力を見出し、驚きを与えることが出来たとすれば、それはきっと素敵なことなのかもしれません。そう思いながらやっています。

よく分からないひな祭りを一緒に過ごしてくださる方、探しています。2週間後、フジハラビルにてお待ちしています。ところでよく分からないひな祭りって何だ。よく分かんないや。おやすみなさい。
posted by 第2劇場 at 02:15| Comment(0) | ドンゴラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

わかものことば

1518696097792.jpg
今日は若者組の稽古が中心でした!ドンゴラスは私にとって今までで1番大きなニゲキの公演です。

てことで、バイブス上がる〜。テンアゲ。うれぴよ。…はいちょっと無理しました。ごめんなさい。余談ですけど若者言葉って使いこなそうとしたら負けですね。違和感なく使えていたあの頃が懐かしいです。「テスト萎えぽよ」とか。まぁ使ったことないけど。

写真はいい顔してる1年生。皆様ぜひご来場ください!
(谷口)
posted by 第2劇場 at 22:25| Comment(0) | ドンゴラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

動きの研究

躍動感のある動きの研究をしています。
右手をゆるーく上げ、
左手をかるーくそえる。
そして頬を赤らめる。

これはご飯の上に乗っている蒲焼きを剥がすポーズにも見えます。
躍動感を出し過ぎるともはや写真にはおさまりません。
ぜひ、撮影できないほどの躍動感を見に、3月頭はフジハラビルへ!


posted by 第2劇場 at 22:54| Comment(0) | ドンゴラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする