2009年03月27日

電話の音

こんにちは。上演中皆様の背後にいた音響オペ・河中です。
今回は初めてパソコンでオペしたりと不慣れのことが多かったのですが、それよりも、音響には珍しく大じかけがありました。

今回の公演、天井につるされたスピーカーに気付かれた方はいらっしゃったでしょうか?
実は、スピーカーは完全に裏返しになっていました。
今回の舞台は「舞台裏」。作品中に流れる曲は、実はパネルの向こう、本番の舞台で流れているという設定でした。なのでスピーカーは「舞台」に向けて吊ってあったのです。

さて、「廃業(仮)」の中ではこの原則に反する音がありました。
ユキタロウのリュックに入ってる電話です。
この電話は「舞台」に向けて流れる音ではないから、スピーカーからは流さない!と堀之内音響チーフが決められて
ではどうする?
電話は完全にただの道具です。音は鳴りません。
卓席は舞台から遠いです。袖でこっそり鳴らすわけにもいきません。

しかし電話は鳴りました。それもちゃんとリュックの中から。

あの電話、黒電話のくせにコード先にアンテナがついている妙な携帯電話でしたよね?
半分は本当でした。
音を鳴らした犯人は、無線機です。

きっかけの瞬間、卓席の送信機から無線で音が飛び、リュックに仕掛けた受信機が受けとり、同じくリュックに押し込まれた小さなスピーカーから音が鳴っていたのでした。

無線機の充電切れが心配で本番と本番の間は常に充電していたり、
スピーカーのスイッチが切れないよう絆創膏を貼りつけたり、
電波が切れてしまうので役者に楽屋に上がるなと言いつけたり、
実は初回は音が鳴らせなかったり、
本当に世話の焼ける子でしたよ。

それにしても、こんな無線機が一般に売られていたとは。
オーディオは一般の世界をはるかに超えています。
posted by 第2劇場 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

かみてちゃん

お久しぶりです。岡崎です!
廃業(仮)ではユキタロウを演じておりました。

 今回は「上手(かみて)ちゃん」についてちょっと書いてみようと思います。
そう、ウイングフィールドに出るといわれているおばけちゃんのことです。
「廃業(仮)」中ではキーワードとしてちょこちょこ出てきていました。

あ、ご存知の方も多いとは思いますが、上手とは、お客様から見た舞台の右側のこと。
今回の芝居は舞台裏という設定だったので、しもてのことを上手と呼んでいたのです。
稽古中も、実際の上手と劇中での上手が逆なので、呼び方に困ったり。
「本上手(ほんかみて)と呼ぼう!」とか、なかなか混乱の種でした。
勘違いなされませんよう!


 ホールに入って、装置も組みあがり、舞台で稽古をしているときのこと。
今回のお芝居では、私は舞台袖に走り去るシーンがあったのですが、稽古後に、
「さっき袖にはけるとき『痛ッ』っていってたやろー、うまくはけられない?」
と、声をかけられました。
んん?私にそんな覚えはありません。
はけるのはヘタクソだったかもしれないけれど、声を上げてはいないはず。
まさか、上手ちゃん?

『舞台の上手ウラにぼうっと女の子が立っている。
 役者にもスタッフにもそんな子はいない。
 でも、いる。
 しかも、芝居が面白くないとか、ミスをやった時に限って…』

いやいやいや。
私の走り去る袖は、下手、しもてですよ。・・・

あ。
違ったのです。舞台裏の芝居をやっていたのでした。逆です。
私が走り去った袖は、実際には下手ではなく、上手。

きゃー!

私に霊感はありませんが、人知れず背筋が寒くなった瞬間でした。
出てきてたってことは、私の芝居がダメだってことなのか?!と気合を入れ直しましたが。

その後、上演中にはそのようなことはなかったので、上手ちゃんの満足のゆく作品になったのかなぁ〜、
なんて思っておりますが、皆様いかがでしたでしょうか?


posted by 第2劇場 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

no-title

090315_1239~0001.jpg
こんにちは、平野洋平です。『廃業(仮)』では道具方のヒランを演じてました。黒ロングTの三人組の一人ですね。
今回は新作・久々のオールキャストとゆうこともあり、かなり色々勉強させてもらいました。次回作には“新しい平野洋平”としてお目見えしること必至です!(仮)。
さて公演裏話ですが、芝居の中にちょくちょく出てきた「屋上の楽園」実は本当にあります。劇場であるウイングフィールドからは屋上へと階段が続いており、そこには楽屋小屋・トイレなど役者の皆さんのくつろぎスペースとなっています。写真は「屋上の楽園」で台本を確認する“湯山タケシ”です。
暮れなずむ心斎橋のビル街を眺めながら、そこに居合わせる我々には奇縁もありやなしや、また会う日までは遠すぎる。と言われて確かに。切なさと期待が入り混じる「屋上の楽園」なのでした。
posted by 第2劇場 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

ご来場ありがとうございました!!

桂です。
皆様方のおかげをもちまして、『廃業(仮)』は無事に全日程を終えました!
まずは取り急ぎご報告まで。

それにしても、公演の終わりというのはいつも寂しくなるものですが、
今回はいつも以上にしんみりしてしまいました。お芝居って準備にはとても長い時間をかけるのに、撤収は本当にあっという間。
さっきまで「演劇」してたなんて嘘のようです。お芝居は一期一会だなあなんてことを改めて実感したのでした。
posted by 第2劇場 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

廃業(仮) ※固定記事※

− 物語 −

すべての消え行くモノ達へ。

なくなったり消えたりするものがなければ未来はない。
倒木更新。
しかし、分かっていても自分が倒木で、
あのいけ好かない後輩が新芽だなんて、許せない。

辞めます。もちろんじゃないですか。後進に道を譲ります。
ただ、あっさりとは辞められません。
思う存分見苦しい悪あがきをしてから、辞めます。

第2劇場が人生も下り坂の平均年齢40弱でお送りする
「苦痛と快楽のシリーズ」完結編。

廃業寸前までジタバタし、ギリギリの勝負を繰り返し、ダダをこね、
そして、失われる寸前には・・・なにもないかもしれません。
衝撃の結末に、乞うご期待!
posted by 第2劇場 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

最終日:快晴

Image180.jpg
 原田です。
 周防町ウイングス屋上の楽園(=楽屋)から眺めた現在の空です。快晴でございます。『廃業(仮)』の最後にふさわしい、すっきりさわやかな青空ですね。花粉が飛んでますが。
 本日最終日です。13時と17時!皆様、お見逃しなく!!
posted by 第2劇場 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二日目終了!!

桂です。
おかげさまで無事に二日目も終了いたしました!
本日も非常にたくさんのお客様にお越しいただき、劇団員一同本当に嬉しく思っております。

昨日今日と足元がお悪い状態でしたが、明日は晴れのようですね。
本番も残すところあと二回!
最後まで走り抜きますよ〜!!
『廃業(仮)』ぜひお見逃しなきよう!!
posted by 第2劇場 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

初日終了!!

『廃業(仮)』の初日は無事終了いたしました!

本日は非常に大盛況でして、なんとなんと立ち見のお客様が数名出てしまうことに。
私は受付に立っていたのですが、途切れることのないお客様に嬉しい悲鳴をあげっぱなしでございました。

『廃業(仮)』は明日あさっても続きます!
まだお席には余裕がありますので、お時間のある方はぜひ心斎橋までお越しくださいね!!
posted by 第2劇場 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

舞台を作ってます

2009_0312_072.jpg
本日から劇場入りです!
今は劇団員総出で舞台上の装置を作りこんでます。
いやはや壮観です。
写真は作業を厳しい目で見守る座長・阿部です。
posted by 第2劇場 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

積み込み完了!

桂です。

明日のホール入りに向けて、トラックへの荷物の積み込みが無事完了しました!
明日は仕込み作業、あさってからはとうとう本番ですよー!

090311_144127.jpg

ひらめき『廃業(仮)』のご予約はこちらから、お問い合わせはこちらからどうぞひらめき
posted by 第2劇場 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

『廃業(仮)』の魅力に迫る!その3

ミステリアスな『廃業(仮)』の魅力に迫るこのコーナー。
最終回の今回は、「苦痛と快楽のシリーズ」について。

◆U−43『3人の単独ライブ』
 2008/10/11(土)〜12(日)@ウイングフィールド
◆U−23『個人2タクシー』
 2008/11/19(水)〜22(土)@大阪大学豊中キャンパス
◆U−25『3人と、七面鳥』
 2008/12/6(土)〜7(日)  @アートギャラリーフジハラ
◆U−51『廃業(仮)』
 2009/3/13(金)〜15(日) @ウイングフィールド

昨年10月に上演された『3人の単独ライブ』に始まり、
11月の『個人2タクシー』、12月の『3人と、七面鳥』と、
怒濤の三ヶ月連続公演を行ってきた本シリーズ。
そのラストを飾るのが本公演『廃業(仮)』なんです。

なにやら気になるこのシリーズ名。
何が苦痛で何が快楽なのか?
シリーズ完結編となる本公演で、その意味が説き明かされる!?
真意を知りたい方は、ぜひ劇場へ!!

exclamation苦痛と快楽のスタンプ割引exclamation
これまでに上演した苦痛と快楽のシリーズでは、
終演後、ご希望の方に苦痛と快楽スタンプを配布しておりました。
そのスタンプを持って本公演『廃業(仮)』を見に来られた方は、
スタンプ割引として、なんと割引価格1500円でご覧いただけます!
過去に割引を利用したスタンプでも大丈夫。
何度でも割引させていただきますので、どうぞご利用くださいね。

ひらめき『廃業(仮)』のご予約はこちらから、お問い合わせはこちらからどうぞひらめき
posted by 第2劇場 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

『廃業(仮)』の魅力に迫る!その2

『廃業(仮)』のミステリアスな謎に迫るこのコーナー。
第二回目は、キャストについてです!

近年若手を中心として公演を行ってきた、私ども第2劇場。
まことに残念なことなのですが、歳を重ねれば重ねるほど、
様々な事情によってお芝居というものから
遠のかざるを得ない人々が多くなるものです。
しかし今回の第2劇場は、なんと平均年齢40歳弱。
まさしくAround40なんです。

主宰・四夜原茂の召集に応え、
仕事や家庭の事情で全国各地に散らばった劇団員が集結。
年季の入った役者陣がそろうこととなりました。
また客演としまして、劇団暇だけどステキより飯島和敏氏、
さらにお茶祭り企画より川島むー氏をお迎えしております。
もちろん、現役大学生のフレッシュな若手劇団員も出演しますよ!

今回出演の役者については、サイドバーの公演情報から、
出演者の名前をクリックしてみてくださいね。
特に客演のお二人については、充実したインタビューを掲載してます!

今勢いのある若手と、老いてますます盛ん、いやいや円熟味を増した役者陣、
また強力な客演陣との競演を、どうぞお見逃しなきよう。

ひらめき『廃業(仮)』のご予約はこちらから、お問い合わせはこちらからどうぞひらめき
posted by 第2劇場 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

おおいです。

090308_1520~0002-0001.jpg

こんにちは、桂です。

廃業(仮)の稽古も佳境を迎えております。
チラシ等を見ていただければ分かるように、今回はキャストの人数が多いんです。
全員が揃うと本当に壮観!
ウイングフィールドの舞台に立てる限界ぎりぎりの数という感じですね。

さて、写真は今日行われた通しの一場面。
あまりに人が多すぎて押しくらまんじゅう…しているわけではありませんよ。念のため。

ますますミステリアスな廃業(仮)。
とうとう今週末にそのベールを脱ぎます!
どうぞお楽しみに!!
posted by 第2劇場 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

『廃業(仮)』の魅力に迫る!その1

いよいよ『廃業(仮)』の本番が来週末に迫ってきました。
謎のベールに包まれた『廃業(仮)』。
そもそもタイトルからしてミステリアスですよねえ。
数回にわたってお送りするこのコーナーでは、
『廃業(仮)』の魅力を少しずつお届けしてまいります!

さて、第一回目はズバリ、タイトルについて。
はいぎょう、かっこ、かり?
ええ、気になりますよね。このタイトル。いちばんの謎です。

まさかまさか、いまだ仮タイトルのままとか?
・・・いいえ、そんなことはありません。
仮のタイトルのままチラシを作ったり、ましてや本番一週間前を迎えるはずがないんです。
そう。今回のタイトルは『廃業(仮)』。
ばっちり(仮)が含まれているのです。
これが意味するところはいったい何なのでしょう。
一体何が、はたまた誰が、廃業してしまうというのでしょう?
これを読んでいる方だけに、
ほんのすこ〜しだけお話の一部をお教えしちゃいましょう!
 
ある劇場には上手(かみて)ちゃんという幽霊が出るらしいんです。
 向かって右手の幕の中に、居るはずのない役者が・・・。
 都市伝説に端を発した劇中の劇は、
 謎の美少女を巻き込んで思いもよらない衝撃の結末に。
 ・・・やっぱりなくなってたんだ!!

なんだかさらにミステリアスさを増した感がありますね。
第2劇場が満を持してお送りする『廃業(仮)』!
さあ、果たして彼らは廃業するのかしないのか?
それは劇場にてお確かめください。
何が起こるかは分かりません。
あくまでも、かっこ仮、ですから。

ひらめき『廃業(仮)』のご予約はこちらから、お問い合わせはこちらからどうぞひらめき
posted by 第2劇場 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

仮組みです。

090306_154156.jpg
こんにちは、新居です。


今日は作り上がった装置の仮組みをしました。
いくつか心配な点があったのですが、実際組んでみると意外にしっかりしている。
一安心です。


本番まで1週間をきりました。
当日の舞台にも、是非ご注目ください。
posted by 第2劇場 at 19:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

よなよな作業です。

090305_203717.jpg
こんにちは、新居です。


今週は舞台のタタキをしています。
写真は作業のヒトコマです。
手前の二人は、今回の芝居の核心に迫るような作業をしています。
奥の二人は、職人の業を見せてくれています。


明日は、出来上がった装置を組み立てます。
追って報告します。
posted by 第2劇場 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

案外あったかい

Image171.jpg
 おはようございます。合宿2日目の朝もよく晴れています。原田です。
 室内の大広間では役者たちが元気に稽古しています。そこに阿部がドラマチックな演出をつけております。
 ポカポカと陽のあたる縁側では、裏方の打ち合わせも。梅はまだつぼみです。
posted by 第2劇場 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

ご〜はんだご〜はんだ〜♪

090228_1824~0001.jpg
こんばんは、桂です!
廃業(仮)の稽古合宿は恙無く進んでおります。

今晩のおかずはメンチカツとエビフライ、ちくわ天、それに鍋でございます。
今回の合宿は総勢28名!
ごはんの時間はほんと壮観ですねえ。
posted by 第2劇場 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

只今稽古中。

今回は稽古合宿というだけあって、
昼過ぎに玉泉寺に着いてからひたすら稽古に打ち込んでいます。
2月ももう終わりとはいえ、山間の玉泉寺は冷えるのです。
懐かしの石油ストーブを焚いて寒さをしのいでいます。
 
そしてもう一つの写真は稽古に励む青山と岡崎。
200902281642000.jpg
晩御飯までもうひと踏ん張りです。
posted by 第2劇場 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合宿日和

Image165.jpg
 原田です。

 第2劇場は今日と明日の2日間、公演前恒例の稽古合宿を行います。いつもの玉泉寺にて。昨年は大雪でしたが、今年は見事に晴れそうです!!

 僕はスーパーカブでのんびり北上しています。一庫(ひとくら)ダムでちょっと一服。50ccにはここからが難所です。
posted by 第2劇場 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦痛と快楽のシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする