2013年02月20日

いんどタバコ事情

どうも、ご無沙汰しています。すっかり幽霊劇団員おかざきです。
懲りずに3度目のインドに長期滞在しています。
今回は、デリーin、ガンガーのあるバラナシ、そして奇祭クンブメーラーを経てヨガの聖地リシケシ、というルートを取りました。

さて、まあ今回は気合入れていったので、キスを迫られたり裸に剥かれたりする事なく、下痢以外はシャンティな旅です。
しかし修行が足らず、タバコ初体験をインドにささげてしまいました。ああ。
ケムかったです。お寺で焚いてる煙を肺にぐわって入れた感じでした。

インドでは普通の紙タバコより、自分で巻く葉っぱのタバコや噛みタバコが人気のような気がします。
きっと安いんでしょうねー。

chaistall.JPG

ガンガーのほとりのチャイ屋で平積みの箱が、普通のタバコ。一回りちいさいですね。
おっさんが手渡してるのが、巻くタイプのタバコです。
チャイとタバコ、というのがインドの働く男たちの定番でしょうか。

taima.JPG

あ、ちがった、これはチラムですね。大麻の一種です。
修行者サドゥーは常にこれを吸ってニコニコしてました。
同じテントに泊めてもらって、鳴り響く音楽と唄、チラムの香りでぼんやりしました。もうこりごりです。
クンブメーラについてはまた。

あと、おっさんが街なかで突然、赤いものを口から吐き出してビビることがありますが、
それが噛みタバコです。

gan.JPG

インドメトロの駅前にあった広告。うーん。噛みタバコもやばいもん入ってるみたいですねえ。。。
皆様もたばこにはご注意くださいませ。

今いる聖地リシケシは上流だけあり、青く美しく流れるガンジス川が見下ろせる2つの橋を中心に町ができており、
ヨガや瞑想修行に励む外国人長期滞在者の多い、比較的住みやすい町です。
こちらは朝晩に冷え込む程度で、昼は半そでの人もいます。春めいて、過ごしやすいです。
ヨガ修行に飽きたら、帰国しますね〜。 ではまた。

ganaga.JPG

posted by 第2劇場 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の2劇から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

インド支部報告書

インド支部から、定期報告書が届きました。

dai2gekijo-2011-02-19T00_00_46-1.jpg

インド支部の苦労が文面からひしひしと伝わってきます。
インド支部の岡崎は困窮した生活を余儀なくされているのです。
至急、救援物資を届けることになりました。

2劇のインド進出はなかなか厳しい道のりのようです。
posted by 第2劇場 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の2劇から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

ヨガ事情inマイソール

こんにちは。南インド支部岡崎です。

先日まで2週間寝込みまして、マラリアを疑いましたが、
美人ナースに注射を受け、
抗生物質を服用して復活いたしました。
ヨガによるデトックスではないかと今は納得していますが、
さすがに死ぬかと思いました。
健康って本当に素晴らしいですね。

さて今朝はマイソールのマハラジャ宮殿の前で、
ヨガの太陽礼拝をするというのでいってきました。
インドの人々にはラジオ体操みたいなものなのでしょうか、
老若男女大勢集まっています。

110213_0747~01.jpg

2時間近くにわたる太陽礼拝を終えて一息つくインドの人々。

岡崎のヨガ修行も佳境に入りました。
ミラクルなポーズを修得して、
2週間後に帰国いたしますー。

あ、牛。COWが雌牛を指すことを最近知りました。…

110117_1555~01.jpg

インドには黄色いやつもいます。
posted by 第2劇場 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の2劇から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

紅谷は激怒した。紅谷はフランス語がわからぬ。紅谷は日本の若者である。

DSCN0079.jpg
紅谷です。
去年の暮れに、海外公演に向けてパリ―ブリュッセル―ロンドンの視察にいってまいりました。
この画像は、フランス支部で食べた生ガキです。
レモンをかけ、パンと白ワインとともにいただきます。

外は極寒。
にもかかわらず氷の上に乗って出てきた生ガキは、恐ろしく冷たく、紅谷はおなかを壊す恐怖と寒さにぶるぶる震えながらこれを食したのでした。

フランス支部のお嬢さんは大変かわいらしい方でしたが、終始フランス語でまくしたてるため全く何を言っているのか分かりません。
異国で表現を行う難しさを感じます。

日本語でおk。

海外公演の難しさは、弁当係にあると思いました。
posted by 第2劇場 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の2劇から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

朝ごはんin南インド

お久しぶりです。
インド支部の岡崎です。
ヤシの木生い茂る常夏の南インドはマイソールにて、
ヨガ修行に励む日々を送っています。

さて、ヨガ修行にお金を使いすぎて貧乏なため、
ごはんを1日120ルピー(≒240円)に抑えねばなりません。
大問題ですね。でも大丈夫。
そんな時、安くて早くてうまいのが屋台や露地売りのごはんです。

今日の朝ごはんをご紹介します。まずはこれ。

110110_0928~01.jpg

豆の粉のドーナツとココナツカレーの屋台。
紙皿にごはんとカレーをドバッとのっけてくれます。
カレーはおかわり自由!
で、14ルピー。

あとは、チャイ。

110110_0932~01.jpg

屋台ではありませんが、街中にチャイスタンドがあり、
1杯5ルピーで熱々のチャイが飲めます。おっちゃんたちの憩いの場。


最後にココナツジュース。

110110_0936~01.jpg

おっちゃんが、ナタで重い椰子の実をささっと切り、ストローをすっとさしてくれます。

味は好き嫌いがあるかも。飲み終わったら切り開いて、中の実も食べれます。
1つ10ルピー。

本日の朝ごはん、しめて29ルピー!
お腹の調子に気をつけて、あと2ヶ月頑張ります。


...と、この記事を書いていたら、見事にお腹を壊しました。。
インドの薬を飲んで安静にします…
posted by 第2劇場 at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界の2劇から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

しまとうみ

Image001.jpg
いけだです。

犬島にある海水浴場です。公演期間に入るまでは、このようにプライベートビーチ状態だったここも、人口が増えてきました。
夜は、真ん丸の月に照らされてきらきら光る海が見えます。

今日で、本番6日目。
ちょうど折り返しです。
posted by 第2劇場 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の2劇から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

個人旅行記

こんにちは。梅雨が近づいたり首相が交代したりと暑いですね。
唐突ですが、先週ミュンヘンとウィーンを回ってきた河中です。
スリリングだったヨーロッパ1人旅を語り足りないので、今回のみ2劇ブログを乗っ取って、個人旅行記をご披露致します。

・ミュンヘンの街並み
Munichtown.JPG
ヨーロッパの都市と聞けば珍しくもない光景ですね。
しかし実はすごい写真なのです。まず奥のタマネギ頭の教会はミュンヘン名物フラウエン教会。その手前の白い門は、観光客が集まるノイハウザー通りの入り口カールス門。その前の広場の噴水がわずかに隠れ、さらに手前には今まさに横切ろうとするトラム(路面電車)。
ミュンヘン名物と街並みを一度に画中に収めた、とても省エネな一点であります。横断歩道の待ち時間に偶然撮影しました。向こうの横断歩道、長い。


・ミュンヘンの看板
Munichkannb.JPG
H&Mだのブランドショップが並ぶメインストリートを歩いていて発見。
高い建物の看板が重なりあう中に、突如として出現。
これも看板なのでしょうか。それにしては企業名がありません。それに、男性の顔は確かに店舗を向いていますが、この姿勢は見ようによっては立ち入り禁止です。お出迎えとしては、こんなにそっぽ向くのは失礼じゃないでしょうか。
この店舗に入ったわけではないので、結局のところ詳細は不明。


・ウィーンのホテル
ウィーンに到着し、ホテルにチェックイン。
角部屋のシングルルームで幾分複雑な部屋。その部屋の壁に
Wienhotel1.JPG

なにやら不自然な木組み。
なんだろう?と思ったら、


Wienhotel2.JPG

なんとこうして、即席の机が出来上がる装置でした。
ホテルは机が小さかったりして使いにくいですよね。十分な書き物スペースが必要な方にこうして提供しているわけです。他のホテルでは見たこともない斬新なアイディアです。

ちなみに、これを使おうとすると床に座らないといけない+ベッドへの通行の妨げになって、結局一度も使用せず。


以上、突発企画のヨーロッパ旅行記でした。
posted by 第2劇場 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の2劇から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

こっそり海外公演

落語

こんにちは。第2劇場ニューヨーク支部の伊藤晃です。
先日、居酒屋で落語を上演しました。こちらでも役者をやっているわけです。
日本の料理をだしている、「ケンカ」という居酒屋でしたが、
お客様はほとんど外国人なので落語をやっていても当然わからず、
ほとんど聞いてもらえませんでしたが。
若干いらっしゃる日本人の方には聞いていただきました。
とある事情から宣伝できませんでしたが、第2劇場初の海外公演?ということで。
posted by 第2劇場 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の2劇から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする